しんけの雑記

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

豚タン味噌漬けでしょう

f:id:shinke1975:20170704220603j:image

豚のタンを買ったでしょう。

先日、アメ横センタービルの地下食品街で見かけた豚タンが忘れられず、買い出しに上野へ向かっている途中に、ひょっとしてハナマサで買えるんじゃね? って神の啓示のごとく閃いて近所のハナマサ行ったら売ってたでしょう。

それは良きことでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220620j:image

解凍ついでに流水で洗うでしょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220638j:image

タンでしょう。

こういうビジュアルにグッとくるのはなぜでしょう、老いかな?

 

今回倣ったレシピはこちら他など。

orecipe.hatenablog.com

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220652j:image

生姜と一緒に煮込むでしょう。 

豚肉好きなので豚の臭みはあまり気にならないと思ってはいるけれど、やはり臭みはない方が良いのでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220705j:image

漬け用の味噌ダレ作りましょう。

味噌とみりんと酒を混ぜるだけは簡単なのでそれは良きことでしょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220721j:image

豆腐とかキッチンペーパーで水気取ったりするでしょう例えば。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220734j:image

ちょうど良いサイズの容器が見つかることもあるでしょう長い人生の中では。

それは良きことでしょう。

すかさず味噌ダレ入れちゃいましょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220747j:image

味噌ダレの上にガーゼの上に豆腐でしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220808j:image

豆腐をガーゼで包んで上からさらに味噌ダレでしょう。

冷蔵庫で寝かして漬け込んでいきましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220831j:image

一方、アクがすごいでしょう。

取っていきましょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220845j:image

アク取り切った満足を得たら圧かけちゃいましょう。

どのくらいかけとけば良いのか検討つかずの1時間でしょう。

茹で時間長いほど良いというお話が広大なネットのどこかにあったので、長めにいっときましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220858j:image

1時間後でしょう。

ゼルダやってたら1時間なんてあっという間でしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220913j:image

熱いうちに皮剥いていきましょう。

ペリペリと簡単に剥けるのでちょっと楽しいでしょう。 

別に剥かなくても良いかもしれないけれど、どうやら剥いといた方が良いみたいでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220927j:image

件の味噌ダレに漬けて冷蔵庫で寝かしましょう。

漬け込み期間は1日から1週間くらい、その長さで味も変わるらしいでしょう。

長く漬けた方が珍味感が出るとか出ないとか。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704220951j:image

豚タン4本中1本は漬けずにわさび醤油などで頂いてみましょう。

思ったよりホロホロで、プリプリ感はナッシング、茹でたらそりゃそうだなでしょう。 

なんだかとても肉食ってる感がすごい。

柔らかくて臭みもなし、これは美味しいでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221028j:image

黄金色の茹で汁を捨てるに忍びなく、先ほどのタンぶち込んでタンスープにしてみましょう。

コンソメ、塩胡椒、砂糖、醤油、おろしニンニク、小ねぎ。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221106j:image

このように盛ったら美味しそうでしょう?

タンが柔らかくて、スープの味付けも良くて、大変美味しゅうござるでしょう。

しかし茹で汁はやはりそれなりに臭みがあり、あまり気にはならないと言えども2杯目はちとキツいでしょう、老いかな?

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221131j:image

そうして月日は流れるでしょう翌日。

豆腐を味見しましょう。

優しい味わいながらしっかりと味染みて美味しいでしょう。

もう2・3日漬けても良いかもしれない。

今度やってみましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221154j:image

サイコロ状にすればでしょう、食べやすいのではないだろうか。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221208j:image

一方、タンはしっかり味染みていてとても美味しい。

臭みもまったくなく、ホロホロで柔らかくてしっとりで、それは良きことでしょう。

これで1本分なので、あと2本あるでしょう。

1本くらいならひとりでもペロッといけそうだけれども、なんだろう、2日連続で食べたいとは思えない、老いかな? 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221225j:image

豚タンの香りに興奮したりもするでしょう。

そんなに香り強くないと思うのだけれど、わかる人にはわかるのでしょう、人ではないけれども。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170704221243j:image

キムチと食べたらさっぱりで美味しかった、ニンニクとの相性良しでしょう。

それは良きことでしょう。

 

ご馳走様でしょうでした。