しんけの雑記

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

ジャージャー丼でしょう

f:id:shinke1975:20170612204654j:image

季節でしょう。

ビーフィーターやゴードンなどクセのないやつが好きです(告白)。

ジンをロックで飲む域にまで諸君は達しておらない。(騎士団長)

 

 

 

今回参考にさせて頂いたレシピはこちら

ryouri-kotu.blog.jp

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204713j:image

椎茸にあまり興味ないおっさん的に初めて買ったでしょう干し椎茸。

意外にお高めでびっくらこくでしょう。

水で戻しましょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204728j:image

椎茸浸けてから3時間後でしょう。

材料たちでしょう。

あと豚ひきが冷蔵庫にでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204745j:image

みじん切ったでしょう。

椎茸の戻し汁も良い出汁らしいので使いましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204758j:image

本日のお供。

最初は美味しかったけれども、だんだんくどく感じるようになってしまうかもしれないでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204811j:image

サラダ油でにんにくしょうがでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204825j:image

豚ひきでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204839j:image

豆板醤は炒めると香りがでるらしいでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204851j:image

その他でしょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204903j:image

タレでしょう、甜麺醤、醤油、酒、砂糖、椎茸汁。

甜麺醤多めにいってみた。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204917j:image

煮詰めていきましょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612204931j:image

そこそこ煮詰まった感覚えたらとろみつけてみましょう水溶き片栗粉。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612205015j:image

最後にまわしかけて香り付けてみましょう。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612205032j:image

でしょう。

麺にのせればジャージャー麺だけれども飯にのせればジャージャー丼と呼べるのではないのか果たして。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612205045j:image

チーズトッピングなども楽しげでしょう。

甜麺醤多めが良かったのか、甘みが辛みを和らげて子供らもばくばくでしょう。

子供らがおかわりする程度には成功と呼べるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612205059j:image

軽くダイエット中のおっさんは豆腐にのせてジャージャー奴と呼んでしまいましょうこの際。

大人的にはもっと辛くて良いのでお気に入りの花椒などもぶっかけてしまうでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170612205116j:image

サラダにのせればジャージャーサラダでしょうたぶん。

マヨとか掛けたら美味いに決まっているでしょう。

 

ご馳走様でしょうでした。