しんけの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

牛スジカレーでしょう

f:id:shinke1975:20170507200556j:image

要はこれでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200606j:image

買ってきたものでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200615j:image

軽く洗うでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200627j:image

水にお酒入れて煮こぼすでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200640j:image

灰汁がモリモリでしょう。

これを3〜4回繰り返したでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200653j:image

灰汁を出し切った感じのなにかを得たところで牛スジカットして、水に酒と生姜でやっていきましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200703j:image

圧セッ。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200747j:image

圧が終わって冷やせば油が固まるので、油と肉と茹で汁の3つに分けましょう可能であれば。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200801j:image

取った油は牛脂なので使いましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200817j:image

牛脂で玉ねぎ炒めるでしょう時には塩胡椒などすることも否定出来ない事実。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200832j:image

一方、オリーブオイルでニンニク香りましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200853j:image

先ほどのスジ肉を炒めてみましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200911j:image

気がすむ程度に炒めたら赤ワインとローリエで煮込んでみましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200942j:image

気がすむ程度に煮込んだら炒めた玉ねぎと茹で汁参加しましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507200950j:image

圧セッ。 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507201009j:image

一方、小麦粉とカレー粉を炒めてルーをつくってトゥギャザーしましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507201023j:image

炒めた粉をバターと混ぜてしまいましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507201036j:image

ルーでしょう。

思いのほかブラックなカラーになったのは小麦粉いっぱい炒めた結果でしょう。

狙ったわけではなかったけれども、黒い方が雰囲気あるでしょう牛スジカレーとして知らんけど。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507201059j:image

圧終わったらルー溶かしてトゥギャザーしましょう。

ガラムマサラやらウスターソースやらで味を調えてしまいましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170507201112j:image

でしょう。

味を調えるのに軽く失敗してちょっとしょっぱいでしょう。

更に高みを目指してリベンジしたいとあなたは思うかもしれない。

 

ご馳走様でしょうでした。