しんけの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

とろとろ角煮とマッシュルームのカレーでしょう

f:id:shinke1975:20170322204552j:image

要はこういうことでしょう。終了。

これやっとくと作業効率が上がって良いでしょう。

レシピはこちらに倣いました。

cookpad.com

 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204602j:image

今回ワインを使うレシピなので買ってきたので飲むのでしょう。

ワインについてはよく分からないけれど、これは安いやつでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204615j:image

玉ねぎひゃっほー、中1個と小2個でしょう。

飴色目指して炒めるでしょう。

この作業が全体を通していちばんダルかったでしょう。

飲まないとやってられないでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204627j:image

圧力鍋に移すでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204640j:image

肉とは。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204650j:image

朒とは。

 

 

 f:id:shinke1975:20170322204717j:image

貪欲とは。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204729j:image

静かに、こころを整え、自分と向き合う瞬間。

どの程度のサイズ感であれば、我々は満たされるのか、貪欲とは罪なのか、いつの日か許されるのか、何度も問い掛け、迷い戸惑い、慎重に切り分けるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204745j:image

豚肉ひゃっほー。

オリーブオイルとニンニクで焼き入れでしょう。

脂身の面はじっくり。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322204804j:image

美しい景色。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205020j:image

表面に焼き入ったらワインひゃっほーでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205041j:image

ひっくり返したり上から掛けたりして煮詰めるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205058j:image

圧力鍋の玉ねぎの上にひゃっほーでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205113j:image

水たぷたぷ、コンソメ、ローリエひゃっほー。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205130j:image

このような物をでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205141j:image

そんなに苦み強くなくて美味しい。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205203j:image

灰汁取っていきましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205219j:image

灰汁取りきった感の満足を得たら圧セット25分。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205234j:image

一方、小麦粉ひゃっほー。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205252j:image

小麦粉茶色くなったらいつものカレー粉ひゃっほー。

これはカルディで売ってるやつでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205306j:image

熱々の粉達をバターと混ぜるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205320j:image

これバター多けりゃ多い程美味いやつだなと、神の啓示に導かれたかのようにひらめいて高まる精神の働き(インスピレーション)感じたので倍量追加でひゃっほー。

溶けないからレンチンするでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205337j:image

ルーが出来てテンション上がるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205417j:image

ルー溶かしてひゃっほー。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205350j:image

このような物がいっぱいでしょう。

ハナマサで買ってきた。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205401j:image

安いものなので良く洗うでしょう。

これらが水に浮くものだという事実を発見。

 

 

 f:id:shinke1975:20170322205457j:image

ひゃっほーでしょう。

これらが水に浮くものだという事実を再発見。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205515j:image

このような物をでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205528j:image

白ビールは飲みやすくて好きです(告白)。

泡がふわっふわ。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205544j:image

煮詰まった感の満足を得たら、これをひゃっほーして味を調えるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205556j:image

このような物もハナマサで買ってきたでしょう。

解凍したやつを軽くトースト。

 

 

f:id:shinke1975:20170322205608j:image

でしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205619j:image

ごろごろ。

とってもスパイシーなのだけれども小学生でもバクバクいける程度の辛さ。

つまりバクバクいってしまう美味さ。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205632j:image

このような物たちで楽しみましょう。

個人的に最近山椒がキテる。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205648j:image

うっとり。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205704j:image

ほっこり。

 

ビールそっちのけでいっきにいってしまったでしょう。

ご馳走様でしょうでした。

 

 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205721j:image

2日目、バケツに張った氷のように油が固まっているので取り除くでしょう。

 

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205739j:image

ライスとの共演を果たす。

2日目は味が落ち着いてまた美味しい。

だけど、なんとなく日本人的な、つまり育った環境由来だと思われる物足りなさを感じる。

一体何が足りないのだろう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170322205751j:image

日本のこころと言えばこれかなと、醤油ひゃっほーしてみたら、宇宙が誕生しました。

紛れもなく醤油の国で育ったのでしょうわれわれ。

 

ご馳走様でしょうでした。