しんけの雑記

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

汁なし坦々麺でしょう

f:id:shinke1975:20170219223858j:image

煮だったら火止めましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223907j:image

割れないようにそっと入れましょう。 

温泉たまごを作ろうとしている。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223918j:image

やっぱいっこ割れてしまったので、慌てて入れましょう。

酢入れると白身のなんかがなんかなって出て来なくなるというのを、どっかの何かで読んだので、素直に従うでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223929j:image

13分放置したら、それ以上熱が入らないように水で冷やしたでしょう。

結果、気持ち硬かったので10〜12分くらいで良かった。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223939j:image

一方、タレ作っていくでしょう。

練りゴマ、すりゴマ、醤油、酢、胡麻油、ラー油、蜂蜜。

酢入れ過ぎて、リカバリしようと蜂蜜追加。結果、最終的にはなんだかんだ酢は気にならなくなるみたいで、余計な事して甘みがちょっと強くなってしまうのでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223948j:image

サラダ油で、チューブのニンニク生姜を炒めていきましょう。

やっぱり面倒臭がらずにニンニク生姜は刻んだの使った方が良いでしょう。しかし今日はなんだかとっても面倒臭いからチューブ使っていくでしょう

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219223958j:image

香ってきたらひき肉炒めるでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224118j:image

炒まったら豆板醤炒めるでしょう。

豆板醤は炒めると辛さと香りが出るらしいので、素直に従うでしょう。

しかし、子供も食べるので辛さ控え目。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224133j:image

先ほどのタレは麺に絡める予定が、面倒臭くなって投入でしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224144j:image

でしょう。

茹で上がった麺に載せるてのは、湯島のひよこ堂さんぽく、レタスと青ネギでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224157j:image

子供も食べるから入れなかったシビレを後掛けで頂きましょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224208j:image

麺がくっついちゃって、混ぜるの大変でしょう。やはり麺にタレ絡めとく必要ありでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224223j:image

粉チーやらマヨやら足しながら楽しむでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224233j:image

子供もらはあまり麺好まないので、米にマウンティングでどんぶりにしたでしょう。

これがしたくてタレをひき肉に混ぜたでしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224244j:image

やべっ温泉たまご忘れてたっつって、仕方ない米も投入して2回戦でしょう。

汁なし坦々麺は2回戦の楽しみがパないので、これは太るに決まってる料理でしょう。

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224258j:image

混ぜ混ぜ。

美味いに決まってるでしょう。

 

課題としては、酢入れ過ぎない、入れ過ぎても慌てて蜂蜜追加しない、豆板醤もっと入れたい、入れたら子供は食べれない、麺がくっつかない工夫、2回戦の誘惑に勝てない、でしょう。

 

ご馳走様でしょうでした。

 

 

 

 f:id:shinke1975:20170219224349j:image

 翌日、あまった坦々ひき肉をいつものペペロンチーノに入れてみたでしょう。

shinke1975.hatenablog.com

 

 

 

f:id:shinke1975:20170219224338j:image

無駄にアップ。

ニンニクと鷹の爪香ったら坦々ひき肉と花椒投入、乳化させてパスタと絡めて青ネギ振って完成。

花椒炒めたら、昨日より香りとシビレがアップしたでしょう。

炒めた方がシビレて楽しいので、そこにシビレる憧れるぅの人は是非。

 

 

 

 f:id:shinke1975:20170219224436j:image

言わずもがな粉チーとか合うに決まってるでしょう。

 

ご馳走様でしょうでした。