しんけの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

【麺屋翔】鶏白湯と数字の森とミニュチュア

ひとり飯 グルメ ランチ ラーメン 写真 東京 食べ歩き

f:id:shinke1975:20170125123501j:image

鶏白湯ラーメンが好きでしょう。

しかし何軒ものお店で鶏白湯を食べていると、鶏白湯とは果たして本当に鶏白湯なのだろうかと不安になってくるでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125123526j:image

我々は鶏白湯を鶏白湯と呼ぶことで鶏白湯を理解した気になっているけれど、実はそれは鶏白湯を鶏白湯という名の檻に閉じ込めてしまっているだけであって、意識の外にあるかもしれない鶏白湯の存在に永遠に気付くことなく日常を過ごしているのかもしれないと考えると、身震いが止まらないでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125123617j:image

今日も寒くて身震いが止まらないので、あったかい鶏白湯ラーメンを食べに行きましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125123634j:image

到着でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125123703j:image

水曜日は鶏白湯おやすみだったでしょう。

ついに鶏白湯は鶏白湯という名の檻を抜け出て我々の意識の外へと旅立ったのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125123952j:image

水曜みそで翔でしょう。がっでむ。

 

 

f:id:shinke1975:20170125124028j:image

塩ラーメンも好きでしょう。

香彩鶏だし味玉塩らーめん 890円。 

塩味強いけど甘み(旨味?)も強めだからしょっぱい感じはしない。

ストレートの細麺。

鶏白湯食べられなかった気持ち引きずりながらも、美味しい。

 

 

f:id:shinke1975:20170125124043j:image

なんかエビの香りするなと思ったら、小ちゃいの発見。エビ油でしょう。

エビ油が深みを与えているのか、濃いめの味だったけど最後まで飽きずに頂けるでしょう。

ご馳走様でしょうでした。

 

 

f:id:shinke1975:20170125124056j:image

f:id:shinke1975:20170125154029j:image

新宿都庁から大江戸線で六本木へ向かうのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125211919j:plain

国立新美術館でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125212113j:plain

f:id:shinke1975:20170125212805j:plain

水玉があると思ったらやっぱりこの人でしょう。2月22日からでしょう。

ミュシャは3月でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125212836j:plain これ見に来た。

展示は1月30日まででしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125213017j:plain

f:id:shinke1975:20170125213049j:plain

f:id:shinke1975:20170125213100j:plain

f:id:shinke1975:20170125213109j:plain

f:id:shinke1975:20170125213120j:plain

f:id:shinke1975:20170125213128j:plain

f:id:shinke1975:20170125213137j:plain でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125213203j:plain

なんとなく不完全燃焼だったので、銀座に来たでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170125213312j:plain これ見に来た。

 

 

f:id:shinke1975:20170125213325j:plain

f:id:shinke1975:20170125213335j:plain

f:id:shinke1975:20170125213344j:plain

f:id:shinke1975:20170125213352j:plain

f:id:shinke1975:20170125213402j:plain でしょう。

ありがとうございました。