しんけの雑記

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

トマトパッツァ的な何かでしょう

男子ごはんでトマトパッツァと言うものを見たので食べたくなるでしょう。

 

パッツァとはなんぞやでしょう。

各自で調べましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205723j:image

どうやらパッツァとは魚の煮込み料理的な雰囲気なので、これはタラでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205734j:image

これはエビでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205745j:image

しかし子供らは海鮮系煮込みを好まないので、こういったものも必要になるのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205756j:image

個人的な好みでこういったものも存在するのでしょう。

鳥ひき肉に小麦粉、塩胡椒、バジル。

しっかり存在させたいので、塩胡椒強め。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205806j:image

混ぜるルール。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205815j:image

号泣しながら玉ねぎ微塵にしてしまうのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205826j:image

オリーブオイルでニンニクと鷹の爪。

この鷹の爪えらく辛い。 メーカーによって辛さが違うを学ぶでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205839j:image

ニンニク香ったら玉ねぎの出番。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205848j:image

玉ねぎひよったら白ワインと水投入。

安い白ワインダバダバだ。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205858j:image

このような企業努力の結晶がそれらをトマト味に変えてしまうのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205908j:image

人は変わらずには居られないのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116205924j:image

このようなものはスプーン2本を駆使して団子状に変えられてしまうのでしょう。

その他具材も全て投入。 

 

 

f:id:shinke1975:20170116205934j:image

このようなものでパッツァ感補強しましょう。 

 

 

f:id:shinke1975:20170116210002j:image

パッツァッツァ。 

 

 

f:id:shinke1975:20170116210019j:image

2本目が開くでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116210030j:image

このようなものも用意していたことを思い出すでしょう。

気づいた時にはいつだって手遅れでしょう。

だがしかし、ここにキノコ的な何かを投入すると仮定した場合、それこそ方向性が更に混迷しそうな気配を感じた私は、それを断念せざるを得ない事実をただ一人その身に受け止めて杯を傾けるのであっただがしかし。

 

 

f:id:shinke1975:20170116210041j:image

なんやかんや言うてるうちにでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20170116210053j:image

普通に美味しいお鍋でしょう。

普通にでしょう。

ご馳走様でしょうでした。

 

 

f:id:shinke1975:20170116210107j:image

翌日、余りにキャベツ投入したらすごく美味しい鍋でしょう。

すごくでしょう。

2日目の方が味が落ち着くのか美味しくなるのはずるいでしょう。ずるい人は是非。

ご馳走様でしょうでした改。