しんけの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

水炊きでしょう

f:id:shinke1975:20161220215651j:image

 小林銅蟲さんのブログを読んだらハナマサに走るでしょう。

 

negineesan.hatenablog.com

骨からのコラーゲンも欲しいので、手羽先と手羽元も購入。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215708j:image

 手羽先は関節で3等分にするでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215723j:image

 もも肉を良い感じのサイズにカット。

あなたにとって良い感じとはなんぞやでしょう果たして。

凍ってるのでカットが楽でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215736j:image

 それら肉たちに熱湯ぶっ掛けるとぬめりが取れて臭みが出にくくなるらしいので、素直に従うでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215746j:image

生姜スライスと冷蔵庫にあった長ネギ青いとこと一緒に仲良く煮込みましょう。

沸々と煮立ち続ける程度の弱火で2時間。

初っ端だけ灰汁取り頑張りましょう。 

 

 

f:id:shinke1975:20161220215803j:image

一方こちら鍋に白菜詰めてスタンバイOKの図。 

 

 

f:id:shinke1975:20161220215815j:image

 白菜の固いとこもぶちこんで、一度きりの人生貪欲に出汁取っていきましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215826j:image

でしょう。 

充分出汁出てるけども、数年前に食べた新宿のげんかい食堂のような白濁を目指したかったのでしょう。コラーゲンが足りないのでしょう。

ハナマサに鶏ガラ売っていることを知ってしまったのでリベンジしたいでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215837j:image

 世界の片隅の白菜の上に。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215850j:image

 白菜トゥルットゥーが好き。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215903j:image

 でしょう。

お店みたく、まずはスープに塩だけで頂いてみましょう。

かすかに臭みがある。許容範囲ではあるが、げんかい食堂のはまったく臭みなかった気がする。数年前の記憶はいつだって曖昧でしょう。

これは次回の課題でしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161220215933j:image

でしょう。

塩パラパラして頂く。美味しい。でもやっぱちょっと臭みがある。ポン酢掛けたら消える程度の臭み。

もも肉は若干固め。手羽先と手羽元はトゥルットゥー。このやり方だと手羽元の割合多めが楽しいかも。あと鶏ガラもいってみたい。

最後に雑炊計画していたけれどもお腹いっぱい胸いっぱいで頓挫するでしょう。

 

「ラーメンのスープみたい! これに麺入れたら絶対美味しいよ!」と嫁が言うてましたが、数年前にげんかい食堂でまったく同じこと言ったわ俺そういえば。我々は同じようなことばかりを繰り返す生き物ですね。

 

ご馳走様でしょうでした。