しんけの雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやさやらいでか

でしょう。ブログアップ時は大体酔ってるので酔っ払いブログと言えるでしょう。過言ではないでしょう。

【富士山】でしょう

f:id:shinke1975:20161126214138j:image

勢いで金曜夜に出発。

足柄SAで時間調整。

深夜2時までやってる飲食店や、24時間のファミマもあって便利。

ファミマで最後の準備を整えるでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214204j:image

計画性がないため、直前で5合目までの全てのルートが車両通行止めになっていることを知るでしょう。

いちばん距離が短そうな御殿場口新五合目まで歩くことにするでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214233j:image

4時30分頃スタート。

途中からがっつり雪道。

星が綺麗だけど、上手く撮れないでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214302j:image

f:id:shinke1975:20161126214327j:image

途中写真撮ったりしながら1時間弱で御殿場口新五合目に到着。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214353j:image

さらに行きましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214413j:image

御殿場の夜景と星が綺麗だけど、上手く撮れないでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214442j:image

大石茶屋に到着。

ここまでで、1時間ちょい経過。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214459j:image

空が色付いてくるでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214514j:image

日の出まであと1時間。

無風、コンデション最高、さすが持ってる男。

行けるとこまで行きましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214536j:image

暗闇に白く浮かび上がる富士山頂と輝く星空。

上手く撮れないでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214622j:image

振り返れば綺麗なグラデーション。

安易に達成感を得られるハードルの低さを自画自賛。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214652j:image

空気が温められれば雲海も発生するでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214708j:image

冷たい風が吹き始めてきた。

軽く頭痛がしてきた。

標高差で全く変わる環境を軽く実感するでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214723j:image

ご来光。

こっから早いでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214737j:image

f:id:shinke1975:20161126214750j:image

f:id:shinke1975:20161126214823j:image

f:id:shinke1975:20161126214845j:image

f:id:shinke1975:20161126214859j:image

朝日に照らされる富士山頂。

左には宝永山。

スキー場でゲレンデの斜面を登るのがとてもとても嫌だったのに、わざわざそれをしに来ている不思議。

見る角度が違えばいろいろとアレなのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214930j:image

大石茶屋に戻る。

ここら辺は無風地帯、コンデション最高、さすが持ってる男。

 

 

f:id:shinke1975:20161126214946j:image

f:id:shinke1975:20161126214957j:image

急に腹減ってきた。

 

 

f:id:shinke1975:20161126215011j:image

コーシーとカップラ。

説明不要の美味さなので、ファミマで買っときましょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126215058j:image

相方が今夜合コンだとか言うからさっさと帰る。

もげろ。

 

 

f:id:shinke1975:20161126215114j:image

ここがスタート地点だったわけなのでしょう。

 

 

f:id:shinke1975:20161126215133j:image

木の生え方から、大石茶屋と次郎坊の中間くらいまで行ったのでしょう。

片道約2時間の登山でした。

お疲れ様でしょうでした。

 

 

f:id:shinke1975:20161126215158j:image

ほおずきに似ていた、でしょう。